2011年03月08日

背中がかゆい...手荒れの原因は...

uruoi.jpg冬になると、途端に手がパサパサになったり、ひび割れたり...
背中もかゆくなり始める方が大勢いらっしゃいます。
その一つの原因はお湯です。寒いのでお風呂やシャワーの温度設定を上げたり、お湯で皿洗い等をするようになります。
私たちの皮膚を守ってくれている、皮脂膜はこのお湯で溶け出してしまうのです。
近年、皮脂は悪いものかのように、洗い落とすことをすすめる商品があふれていますが、皮脂膜は私たちの体が作り出す天然のクリームなのです。
この天然のクリームである皮脂は肌を紫外線や乾燥、更には細菌からも守ってくれるすぐれものと言えます。
その大切な皮脂膜を落とすほどの強い洗顔フォームやボディソープを使い熱いお湯で洗ってしまうなら、たちまち、肌はカサカサになり、かゆくなってしまうのです。
そして、もう一つの原因としてあげられるのは、ナイロンタオルです。
この堅いナイロンタオルで、毎日背中を含め体全体をゴシゴシしてしまうと、皮脂膜どころか、角質層までそぎ落としてしまい、肌がかゆくなるたけでなく、紫外線から皮膚を守れずいわゆる「日光アレルギー」「紫外線アレルギー」になってしまう可能性もあります。
サラサラ肌は気持ちが良いかもしれませんが、肌は少しペタペタしているくらいが良いのです。
posted by naturally at 21:19| 日記